スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

意義あり。

新しい職場へ行きだして早一ヶ月。勤務先が観光地(お寺)の近くでバスがダダ混み!ということを以前ここにもぶーぶー書き込んだが…

 

やあーすごかったー。。これまたピンポイントで秋の観光シーズン真っ只中!!本来ならバス1本で帰れるのだが、電車のラッシュ並みの混雑具合に嫌気がさし、わざわざ違う番号のバスに乗り、途中バスを乗り換えて帰る、というめんどくさいことまでして帰宅している。

 

とはいえ、バスの時間の都合上、やはりそのダダ混みバスに乗ることもある。しかも観光客のみな様より後から乗車し、先に降りることになるため、降りる際には「降りまーす!降りマスーーー!!」と叫びながら降りなければいけない。(おとなしくゆっくり後ろから降り口に移動してたら、運転手が気付かず降りる前に発車、ということを何度も目撃している。)ほんまにラッシュ並みの中、観光客は観光気分で仁王立ちのため、無理矢理押して出なくてはならない。そんなとき、「なにー?!すっごい押すんだけどー?!」などと言われること幾度か…

 

あんたらや!!あんたらが観光気分でびくともせずにギュウギュウ詰めの中突っ立ってるから、押さなあかんねん!!っきーーー!!!……ふう。なんとかならんかねーこれ。

 

確かに観光客の落としていくお金もあって、経済が回っているところもあると思う。やけど10年程前から「それなんかちゃうやろ?!」と思うことが多々増えてきている。

 

ここは以前から「自転車」移動者の多い街。そやのに観光客優先で、街中なんて車道でさえ自転車通行禁止になった。しかも狭い中に至る所に観光名所があるため、その至る所の住人がバスは混み過ぎるので自転車になる、ということが多い。駐輪場も増えてはきているものの、明らかに観光客優先のために色々な自転車規制(通行や駐輪)で地元住民は困っている。

 

あとはマンション事情。

今の私にはマンション購入なんてできやしませんが、いうても以前から色々探してみたり、ということはしており。が、高い!価格がめっっちゃ高い!しかも高過ぎるから購入するのは別の都市部のお金持ち層が別宅として購入、が結構な率を占める。そやのに…

 

なんやねん、これ!なんで普通の地元民が買えへんようなマンションばっかり作って、年々地元民の足が不便になって…

おかしいやん。上辺だけのブランド化してたら、昔から住んでる地域住民、みんな離れていくしかなくなりまっせ??…あんまり調子乗らはったらあきまへんえ。

 

都会のあのビルの高さの閉塞感がとても苦手な私がここに住み続けている理由の一つ、空が見えること。「日本に京都があってよかった」とかいうコピーがかつてありましたが、私の唯一の救いは「京都に高さ制限があってよかった」…。これだけは異様に観光客が増えても、私にとっては変わらない唯一の恩恵である。

こんなん、食いついてしまう

なななんじゃコレ!? ↓

Lou Reed & Metallica: The View (Directed by Darren Aronofsky)

 

2011年に出てる〜!知らんかった!!すごいな…

なんか不評続出らしいですけど、好きや、これ。

 

METALLICA、手書きですぐにロゴが真似できるから、よくこのロゴの落書きをしてたなぁ…なんちゅう理由や。METALLICAのシングル「ONE」が当時珍しい「シングルビデオ」(?)という形で出た時、当時のMUSIC VIDEOとしては買えるお値段やったこともあり、…とはいえおこずかい貯めてやっとこさ買った。「...AND JUSTICE FOR ALL」も買った…1988年ですと!ひゃーーー

この辺りからMETALLICAは結構「いろんなことやってみる」人たち、という印象はある。だからこのLou Reedとのも、驚きはするけれど納得という感も。

 

ただこんなに久しぶりに聴いてもやっぱりラーズのドラムの音がどうしても気になる。これが彼の特徴みたいやけど、どうにも好きになれんのよね…

 

metallica_lulu

↑これがそのLou Reed & Metallicaで出したジャケ。一瞬、船越桂さんの作品かと思てしまい、ガン見する。まあ髪はないやろけど…、さすがに違(ちご)た。。桂さんの作品好きやねん。そういえば最近の見てないなあ…。METALLICAから船越桂まで

 

 

人力(じんりき)だから、クール。

 このひとら、ほんまこういうの好きやなあ↓。そして「こんなん」にいつも引き寄せられるわたし。。

The Chemical Brothers - Go

 

上のは2015のやつやけど、さらに前にもこんなん↓やってるし。

The Chemical Brothers - Let Forever Be

 

これも最初にみたとき、「おもしろ…」と思ってじーっと見入ってしまった。

THE 人力。

 

このCM↓も思い出す&かなり惚れる。久々にCM観てて「おお……」っとなった作品。

Amazing in Motion - STROBE(TOYOTA LEXUS CM/2014)

 

このCM、いくらでもCGやらなんやらできるところをあえて人力でやっていて、それなのにとってもクール、ってところがめちゃくちゃ惹かれる。ほんまにかっこいい。

 

ケミカルのもある意味同じ手法なんやろけど、CMって一瞬でみせなあかんし、どうしてもわかりやすい派手さになりがちやのに、この感性のものをこの秒数の、しかも商品CMでやってのけた感。いくらブランディング先行やったとしても。

 

めっちゃかっこよくない?!いくら制作者側がそれを狙って押しても、最終的に企業側でNOが出そうなこのCM。これをGOしたTOYOTAもかっこいい。TOYOTAやのに…ってこともあって見直した。それだけこの「LEXUS」には既存の…守りではいかない!って信念もみえる!

 

ちなみにこのTOYOTAの「LEXUS」、周知の通り基本的には日本ではなくグローバル高級車ブランド。北米はある程度の販売実績を挙げつつ、ベンツなんかにどうしても負けがちなヨーロッパにもさらに食い込むぞ!って戦略も兼ねてるハズ。だからこんなCMでいった…いけたんだろうね。

 

メイキングもあるよ↓

STROBE: Lighting Motion

 

見えないこだわり。この感性ではなくても、見えないこだわりはすべての世の制作物にあるのだけれど。

 

曲はコレ↓彼女の他の曲はそそられず。だけどこの映像にこのあっさり打ち込みぶっきらぼう歌声がとっても似合う。

 

関係ないけど、いっちゃん上のThe Chemical Brothers - Goみたときに思い出したも一個は、なぜだか「日体大 集団行動」…このひとらの人力ミニマムな動き、LEXUSとかのクールな想像力と融合させたらめっちゃ興味深いものが、クールなものができそうな予感。。誰かやってくれへんかなあ…